様々なデリヘルの歴史とプレイ内容

数多くある風俗の中で、一番面白い風俗と言ったらやはり「デリヘル」なのではないでしょうか?
デリヘルは、まだ出来てから10年ほどしか経っていませんが、急成長して現在では風俗産業の稼ぎ頭となっています。男の楽園とも言われるデリヘルですが、そのジャンルは多くあり、様々な性癖を満たすことが出来ます。
まずは自分の性癖を解消してくれそうなデリヘルを当サイトで選んでみてください。ファッションヘルスでは、女の子が全裸になって性的サービスをしてくれます。
フェラやパイズリ、素股などのサービスで、最終的に射精までさせてくれますが、もちろんヘルスでは本番はできません。
デリヘルとは、「デリバリーヘルス」の略称として世間に認知されています。
「ヘルス」があって、それを「デリバリー」(派遣)するという意味となります。

 

最近のデリヘルでは、若くてキュートな女の子が多く働いており、全体的な容姿のレベルが上がっています。
もちろん熟女や人妻などといった女性も在籍しているので多くの男性の欲望を実現させることが出来ます。



様々なデリヘルの歴史とプレイ内容ブログ:2018年04月21日

わたくしたち夫婦には、
生後三ヶ月になる息子がおります。

もちろん可愛くて仕方ないんですが…
とにかく泣き声がデカイ!!

「オギャー、オギャー」はかわいい方で、
あまり構わずにいると…

「ギョエ〜、ギョエ〜〜!ギャアア〜!!」と、
まるで虐待されているのではないか
と周りの人に思われるくらいの泣きかたをしてくれます。

奥さんとわたくしに余裕があるときは、
「そうか、そうか、なにを泣くことがあるの。ハハハ」
なんて、笑って接してあげているんですね…

しかし、わたくしたちも人間です。
疲れているときもあれば、余裕がないときもあります。

そんなときに、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」と泣かれると、
「うわぁ〜、もぅ疲れてるから、静かにしてぇ〜」という気持ちになったり、
「ちょっと、頼むから寝かせて!!」という気持ちになるのです。

こんなとき、
奥さんかわたくしかどちらかに余裕があれば…

「パパは今日疲れているから、休ませてあげようね〜」とか
「ママはいま手が離せないから、パパと遊ぼうね〜」などと
お互いを気遣いながら、助け合うことができるのですが、
問題は、夫婦両方が疲労困憊のときです。

わたくしが一番キツイなぁ〜と思ったのは、
やはり睡眠不足からくる疲れでしょうか。

わたくしも、お昼は仕事に出かけていますし、
奥さんも息子と付きっきり状態になると、
少し息抜きする時間が欲しくなります。

特に、
息子と父母の感情は繋がっているなぁ…と、
シミジミ感じるのですが、
疲れ果てて機嫌が悪い日に限って、
息子も機嫌が悪いのかすごく泣いてくれるんですよね。

抱いても、おしめを交換しても、おっぱいをあげても、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」
もうお手上げ状態で、わたくしたちの方が泣きたくなります…