顔出しがダメでも不細工とは限らない

顔出しがダメでも不細工とは限らない


顔出しがダメでも不細工とは限らない
デリヘル店のホームページに公開されている女の子の写真は、多くが顔出しNGになっています。
これは女の子が、自分がデリヘルで働いていることを世間から隠しているために顔を出さないようにしているのです。もしこれまでに一度もデリヘルを利用したことが無いのでしたら、デリヘルに関する掲示板などをチェックすると良いでしょう。
実際に体験したデリヘル体験談などが公開されているのできっと役立つことでしょう。顔出しをしている女の子を選べば確実ですが、顔出しをしていない女の子の中にも驚きの容姿の子もいます。
事情があって顔出しをすることが出来ないだけで、実は可愛いなんてこともあるのです。
多くの女の子の写真の顔が、手で隠されていたりモザイクが入っているとどんな容姿なのか確認することは出来ません。
これではどの女の子を選んだら良いのかわかりませんが、必ずしも不細工とは限らないのです。

デリヘルというイメージから、ただ単にヘルスと同じようなことをするだけと思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし最近のデリヘルにはイメクラやソフトSMなどを取り入れた変わった趣向のデリヘルもあるのです。



顔出しがダメでも不細工とは限らないブログ:2018年11月11日

自分が父母になった時は、
「父母バカ」にはならないでおこう!
なんて思っていたのだが…

最近になって、
「父母が父母バカにならなかったら、
誰がこの子のためにバカになってくれるのか」と感じてから、
オレは、堂々と父母バカ宣言しはじめている。

というのも、
他人から見れば「なんや、この父母バカ」というような、
父母の子どもに対する見方が、
実は子どものアイデンティティに
大きく影響(それも好影響)しているのではないか…
と思える様になってきたからだ。

小さな子どもがどんどん伸びる時、
それは褒められている時だ。

「教育の基本は褒める事」だと
確信しているオレとしては、
子どもの事はどんどん誉める。

しかし、この褒めるという行為、
本気で「うぁ、すごい」と思っている時と、
「ほめておこうか」と義務的に言葉だけで言っている場合と、
子どもはその違いにすぐに気がつく。

つまり、
父母が本気で子どもに対して、
「すごい!」と思っていないと、
なかなか子どもには伝わらない…

だからこそ、
この「父母バカ」が
とっても大切になってくるのだ。

子どもの描く絵に
「この子は将来芸術家になるかもしれない」と思ったり、
音楽に対するノリが
「普通の子とはちょっと違う」と思ったり…

こういう気持ちは他人から見れば
プッと噴き出す感情かも知れないが、
オレはその感情を隠さない。

オレは自分の人生に関わりもなさそうな人に
「良識のある父母」なんて思ってもらわなくて結構…

他人の評価なんて、
自分の人生をプラスに変える場合以外は、
気にしなくて良いのだ。

それよりも、
目の前にいる子どもが、
毎日を生き生きと、
自己表現する喜びを感じながら育って欲しい!と思う。

顔出しがダメでも不細工とは限らない

顔出しがダメでも不細工とは限らない

★メニュー

デリヘルの女の子のプロフィールの見方について
様々なデリヘルの歴史とプレイ内容
多くのデリヘルは素人っぽい子が多い
もしデリヘルを利用する時にはホテルがベスト
コンドームを着用して性病予防
ブログやSNSを参考にして女の子を選ぶ
時には贈り物で女の子を喜ばせる
顔出しがダメでも不細工とは限らない
ホテルによっては女の子を派遣出来ないことも
女の子と待ち合わせをしてラブホテルへチェックイン


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)デリヘル情報がいっぱい